GOOD FOR JOB

東京計器株式会社

世界をリードするものづくり企業で 自身の可能性を広げる。

 

GOOD FOR VALUE (事業内容)

海上輸送が、 日本を支える。

当社は船の針路決定に欠かせないジャイロコンパスをはじめ、 安全な航海に繋がる様々な航海計器を開発しています。
中でもジャイロコンパスを組み込んだオートパイロットは 当社の主力製品となっており、商船市場において 世界シェア60%※を誇っています。
これは当社の技術力が世界に認められた 証だと自負しています。
船舶は世界経済の生命線である海上輸送を支える重要な手段であり、 日本の貿易物資のほぼ100%(重量ベース)が船舶で運ばれています。
国内輸送においても⻑距離・大量輸送の利点を活かして、 暮らしを運ぶ大動脈としても貢献しています。
船用機器は1918年に製造開始して以来、100年以上開発を続けています。

これらの船舶に自分が設計した装置が搭載される
非常にやりがいにある業務です。

GOOD FOR WORKING (働く環境)

東京計器の今と未来

当社は2021年5月1日をもちまして創業125周年を迎えました。
1896年の創業当時、日本の産業発展と安全・安心な社会づくりこそ当社の社会的責任ととらえ、日本が輸入品に頼っていた工業計器の国産化に乗り出しました。以来、社会基盤の根底を支える多くの分野に展開され、現在に至るまで、社会課題を解決しようとするDNAとして受け継がれています。

125周年という節目にあたり、今後は「成長」に大きく舵を切り、SDGsを切り口とした「グローバルニッチトップ事業」の創出により持続的な成長と中長期的な企業価値向上を図るステージへと転換していきます。
さらに、プライム市場への移行を選択し、新TOPIXへの組み入れを志向しています。125年に亘り受け継がれてきた当社グループのDNAを再確認し、これからの150年、200年に向かって持続的な成長を続けていきます。

GOOD FOR YOUR JOB
(企業からのメッセージ)

自立型成長人材の育成

海上輸送は日本経済の生命線。
日本の貿易物資のほぼ 100%が船舶で運ばれてきます。
長距離・大量輸送が可能なのはもちろん、環境にも優しい海上輸送は国内輸送でも活躍しています。

そのため、当社グループにとって、人材は最大の財産です。
私たちは「自立型成長人材の育成」を人材育成の基本方針としており、従業員一人ひとりが、自ら行動し、結果を出すことを求めています。その実現のため、能力開発を支援し、人的資産価値を継続的に上げることを通じて、企業価値の向上を目指しています。

東京計器は個々の事業の技術力が高く、商船市場において重要な役割を担っています。その基盤には、それぞれの事業が独立して利益を生み出す仕組みである社内カンパニー制度が採用されています。

東京計器株式会社の企業情報

業界

業界 icon

電子・電気機器

設立年月

設立年月 icon

1948年12月21日

資本金

資本金 icon

7,217,597,300円

代表者

代表者 icon

安藤 毅

企業HP

企業HP icon

企業HPへ

従業員数

従業員数 icon

約1,672名

会社名

東京計器株式会社

本社所在地

東京都大田区南蒲田2-16-46

業界

電子・電気機器

資本金

7,217,597,300円

×

この操作はログインが必要です。